2011年06月29日

東北にて

6月半ばから東北復興のお手伝いで宮城の気仙沼・岩手の陸前高田・大船渡にいって来ました。
テレビと違う感覚。それは臭いであり、空気の肌触り、広い視界に入って来る被災状況。
この中で復興に勤めている人達の思いにはあついモノを感じました。
今回は環境エネルギー政策研究所(ISEP)さんの「つながり・ぬくもりプロジェクト」に参加させていただきました。
大船渡市越喜来にある(あった)「三陸とれたて市場」の再建のお手伝いです。
太陽光パネルとバッテリーを設置し復興の為使って頂く。
また現地代表の八木さんは市場の復興と共に、現地の女性達の仕事も生み出しています。
三陸に仕事を!プロジェクト「浜のミサンガ−環」
私が語るよりこのホームページに入ってみて下さい。
そして直接現地の人に支援できるこのプロジェクトに参加して下さい。
DSCN4857.JPG
現在の三陸とれたて市場の拠点内で、浜のミサンガのテレビ放送があり、みんなで見てました。
DSCN4858.JPG
町を飲み込んだ海を見ながら設置準備
埼玉県川越市から来た寡黙だけどアツい大工さん
2011062516320000.jpg
完成した写真です。
完成を前にして現場を後にした為、右端の新沼さんがわざわざ送って下さった写真です。
左端は現場プロジェクトのまとめ役の武内さん。
みなさんと一緒に写真に写りたかったです。
posted by ユキヒロ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。